子連れで楽しめる場所

江戸川区葛西の【水遊びできる公園】東京メトロに乗ってじゃぶじゃぶ池に遊びに行こう!

江戸川区の水遊びできる公園

こんにちは!slatchです(^^)

そろそろ学校の夏休みが始まります!

今年は地域によって開始時期がまばらではありますが、小学校の夏休み期間は全国的に短縮され、概ね2週間~3週間となっています。

学校や地域のプールが中止のところも多く、子供たちは学校から “ソーシャルディスタンス!” と指導されているので、友達と気軽に会って遊ぶことも叶わず、夏休みをどう過ごせば良いか途方に暮れてしまいますねー。

じゃあ、いったいどこでどうやって遊べば良いの~~~!!??
夏休みなんだから、水遊びくらいしたいよ!!

って叫びたくなっちゃいますね。

そこで!

3密を防ぐために、今年は「ママ+子供」または「パパ+子供」の最小限の人数で、平日を狙って電車に乗りお出掛けをしてみるというのはいかがでしょうか?

子供が小さい頃は、当たり前の様にママと子供の二人だけ(もしくは兄妹)で毎日公園にお出掛けしていたと思うのですが、久しぶりに少し大きくなった子供と二人きりで電車に乗ってお出掛けしてみるのは、新しい発見があって楽しいと思います(^^)

今回は、東京メトロ東西線沿線にある【水遊びができる公園】を2回に分けてご紹介したいと思います!

第一弾は、東京都江戸川区の葛西地区にある、じゃぶじゃぶ池がある超おすすめの公園を2点ご紹介します。

  1. 江戸川区西葛西駅 虹の広場(総合レクリエーション公園)
  2. 江戸川区西葛西駅 行船公園

ブランク2

江戸川区西葛西駅 虹の広場(総合レクリエーション公園)

虹の広場は、江戸川区内にある親水公園にも匹敵する程の広さを持ち、1,080平方メートルある敷地内に、巨大なナイアガラの滝を思わせる滝状のじゃぶじゃぶ池と、こんもりとした小山状の噴水が設置されています。

ナイアガラの滝(もうそう呼ばせてくださいw)は、時間によって滝の流れ方が右半分とか左半分とか真ん中だけとか、徐々に変わっていくのですが、全ての水しぶきが同時に勢いよく天井から流れ落ちる様は圧巻です。

子供たちは滝の裏側を通り抜けてみたり、滝を触ってみたり、このじゃぶじゃぶ池の下で思い思いに遊んでいます。

滝の上で追いかけっこをして、ツルっと滑ってすっ転んでいる子供も時々見かけます(^^; もしかしたら小さなお子様はヘルメットがあると安全かも知れません。(滝周辺や特に坂になっている所が大変滑りやすくなっているようです)

滝の下にあるじゃぶじゃぶ池は未就学児用のプールくらいの水深なので、小さな子どもは浮き輪でプカプカと浮いて遊んでいますが、小学生高学年くらいになると、膝が付いてしまって泳ぐのにはちょっと浅すぎるかな?といった感じです。

また、こんもりとした小山状の噴水は、駆け登って頂上に辿り着くのが楽しいようで、みんなこぞって登っています。

未就園児くらいの小さな子供が噴水の下でのんびりと水に浸かって楽しんでいるのに、高学年の子供が周りをよく見ないで勢いよく滑り落ちて来ることがあるので、小さな子供の保護者は目を離さない方が安全です。

虹の広場の場所

〒134-0088 東京都江戸川区西葛西7-2

最寄り駅
東京メトロ東西線 『西葛西駅』から 徒歩約7分

施設情報
  • 営業時間    常時開園
  • 定休日     なし
  • 放水時間    24時間
  • トイレ     あり(おむつ替えスペースなし)
  • ベビールーム  なし
  • 駐車場     あり
  • 木陰      あり
  • 芝生      あり
  • コンビニ    近くにあり

芝生や木陰がたくさんあるので、レジャーシートを芝生やコンクリートの上に敷いて、のんびりとピクニックを楽しむことが出来ます。

自販機が近くにあり、コンビニもあるので、ここでお弁当を食べているファミリーが多いです。駅から近い公園なので、周辺に飲食店(ファミレスなど)もあります。

ベンチが沢山配置されているので、レジャーシートが無くても問題ないかもしれませんが、ベンチが濡れていることもあるので要注意です。

虹の広場のココがスゴイ!!

虹の広場が、東西に約3kmにわたる『総合レクリエーション公園』の一部だということ!

総合レクリエーション公園は、「子供の広場」「虹の広場」「西葛西少年野球広場」「新田の森公園」「葛西防災公園」「南葛西少年野球広場」「ファミリースポーツ広場」「フラワーガーデン」「富士公園」「なぎさ公園」「なぎさポニーランド」「パノラマシャトル」の12種類のスポットからなる、巨大な総合公園となっています。

全てのスポットで遊ぶには1日では到底回りきれないくらい広いので、目的を絞って遊びに行くと良さそうですね。

虹の広場周辺のランチスポット

ジョナサン 西葛西店

〒134-0088
住所:東京都江戸川区西葛西7丁目3−6
電話:03-5696-7383

ファミリーレストランの中ではガストよりは高級だけれど、デニーズよりはちょっとお安いというファミレスの中では真ん中くらいの位置づけのジョナサン。

ドリンクバーがあり、キッズメニューも他のファミレスに比べるとバラエティーに富んでいるので子供が喜びます。

得に、娘がお気に入りのメニューは『おこさま食育おにぎりプレート(おもちゃのガチャコイン付き)』で、ファミレスでは珍しく、おにぎりや海苔巻きを自分で作ることが出来るランチプレートとなっています。

当然手がベトベトになりますが、白いご飯にふりかけをかけただけだと残してしまうのに、おにぎりにした途端になぜか食べる不思議(笑)

水遊び帰りにゆっくりするのにはジョナサンは最適です♪

Italian Kitchen VANSAN
(イタリアンキッチン バンサン)

〒134-0088
住所:東京都江戸川区西葛西6丁目9−1
電話:050-5051-0111

北イタリア料理店。店内にある石窯で焼くピザがとっても美味しいです!ランチメニューがドリンクが2杯付いていて大変お得です!!量も多いので、子供とシェアして食べると良いかも?

パスタは釜揚げしらす乗せ放題のパスタが名物です。こちらが「ストップ!」と声を掛けるまでしらすをパスタの上に乗せ続けてくれます(笑)

また、キッズエリアやキッズメニューも用意されていて、子供が小さくても入店しやすいです。

有名ソフトクリームの『クレミア』もあります!食事をしてLINE登録をすると、次回の食事の時にクレミアのミニカップが貰えるチケットが貰えますよ♪

小さな赤ちゃんを連れてお出かけの際はコチラのページ↓も参考にしてみて下さい☆

江戸川区西葛西駅 行船公園

行船公園には、江戸川区では有名な無料のミニ動物園がある『江戸川区自然動物園』が敷地内にあります。

行船公園は敷地が29,752平方メートルとかなり広いのですが、公園の南西部には噴水池があり、水遊びのシーズンになると、水着を着たちびっ子達で大変賑わいます。

公園の南西部にある噴水池

周辺には遊べるスポットが沢山あり、水遊びだけして帰るのは勿体ない公園と言えます!

噴水池の奥には、ジャンボスライダーと呼ばれる巨大な石で出来た広い滑り台などの遊具があり、子供たちは何故飽きない!?と大人の私達が飽きれるほど永遠にこの滑り台を滑り降りて楽しんでいます(笑)

ジャンボスライダー

向かい側には少し小さなスライダーもあり、よちよち歩きの小さなお子様でも、お兄ちゃんお姉ちゃんに巻き込まれることなく安心して遊ぶことができます。

滑り台の裏側はロッククライミングの様になっているので、苦労して登った後のお滑りは格別なのかも知れません。

行船公園の場所

〒134-0081 江戸川区北葛西3-2-1

最寄り駅
東京メトロ東西線 『西葛西駅』から 徒歩約15分

施設情報
  • 営業時間   常時開園(自然動物園は10:00~16:30 土日祝は9:30~)
  • 定休日    月曜日
  • 放水時間   24時間
  • トイレ    あり(おむつ替えスペース2ヵ所あり)
  • ベビールーム あり
  • 駐車場    周辺に東京都有料駐車場あり
  • 木陰     あり
  • 芝生     あり
  • コンビニ   近くに大型商業施設あり

噴水池の側には芝生が無い為、休憩するのにやや不便かも知れません。近くに藤棚の日陰とベンチがあるのですが、蚊に刺されやすいので、虫刺され対策をした方が良いです。

噴水池周辺にはレジャーシートを敷いている人が不思議とあまりいないので、どこに座ろうかなぁと休憩場所に困るかも知れません。

少し奥に進むと桜広場と呼ばれるお花見スポットにもなっている芝生があるので、レジャーシートを敷いてゆっくり休憩したりお弁当を食べたりするのはこちらの桜広場でどうぞ(^^)

桜広場ではテントを広げるファミリーも多い

行船公園のココがスゴイ!!

冒頭にもご紹介しましたが、行船公園は敷地が29,752平方メートルと広大で、公園内に様々な施設があります。

浮御堂が美しい源心庵(げんしんあん)・林泉亭(りんせんてい)・つつじ亭からなる「平成庭園」、無料でヘラブナ釣りができる「釣り池」、水連が綺麗な「水生池」、ジャンボスライダーがある「遊具広場と噴水池」、毎年春にはお花見客で賑わう「桜広場」、そして、何と言っても無料で気軽に楽しむことができて小動物と触れ合える「自然動物園」があります!!

どうぶつふれあいコーナーは当面の間お休みだそうです。(2020年9月22日現在)

普段は子供たちでごった返すどうぶつふれあいコーナー

自然動物園は、無料のクオリティではありません!!管理が素晴らしく行き届いていて館内はいつも清潔です。檻だけ沢山あって動物が全然いないなんてことはありません!

自然動物園正面入り口

2014年に館内の“どうぶつ総選挙”というイベントが開催されたのですが、人気の動物Best3は、3位「コモンリスザル」2位「フンボルトペンギン」2位と100票以上の差をつけての堂々1位が「レッサーパンダ」でした。

お昼寝中のレッサーパンダ
1位レッサーパンダ
すいすい泳ぐフンボルトペンギン
2位フンボルトペンギン

人間を観察するコモンリスザル
3位コモンリスザル

筆者個人的には、ベネットワラビーが好きです♪

餌を頬張るベネットワラビー

行船公園の自然動物園にいる珍しい動物としては、絶滅危惧種である「オオアリクイ」、国の特別天然記念物として指定されている「ニホンコウノトリ」を館内で見ることができます。

水浴びをするオオアリクイ
なぜかデッキブラシを見つめ続けるニホンコウノトリ
なぜかデッキブラシを見つめ続けるニホンコウノトリ

また、平成庭園の主池にいる鯉には餌をやることができます。コイのえさの販売は当面の間お休みだそうです。2020年9月22日現在

サービスセンター前

鯉のえさは行船公園中央にあるサービスセンターで1袋50円で買うことが出来ますが、大人気の為すぐに売り切れてしまうので、早い時間に購入することをお勧めします!!

水生池では、6月頃にカルガモの親子を見ることができたりします。

桜広場はその名の通り桜の名所として有名で、毎年桜が咲く時期にはお花見客でいっぱいになります。夜になると、平成庭園にある枝垂桜もライトアップされ1日中桜を楽しむことができます。

この桜広場の写真は9月下旬に撮影したものです

土日祝にはキッチンカーと呼ばれる移動販売の車が来てくれ、今年度(2020年)は7月17日金曜日からほぼ毎日、8月は主に土日祝に様々なグルメを楽しむことが出来ます。

ジャンボスライダー隣には移動販売車のかき氷屋さんが来ていました

クレープ、ソフトクリーム、かき氷、スムージー、ドリンク類、肉巻きおにぎり、焼きそば、壺焼きいも、壺焼きとうもろこし、ロングポテト、佐世保バーガー、タピオカドリンク、ホットサンド などなど・・・

バラエティーに富んでいるメニューにほんと驚きなんですが、公園にふらっと立ち寄り、買い食いするだけでも楽しいですよ(^^)

行船公園周辺のランチスポット

行船公園のすぐ近くには大型商業施設があるので、こちらでお弁当を買ったり、食品をテイクアウトして公園に遊びに行く方が多いです。

大型商業施設の他にも、行船公園の周辺には美味しいレストランがいくつかあるのでご紹介したいと思います♪

NKダイナー193
(エヌケイ ダイナー イチキュウサン)

〒134-0088
住所:東京都江戸川区西葛西1丁目15−12 ルシェール西葛西 1F
電話:050-5593-3704

行船公園と大型商業施設の間に位置するハワイアンレストラン「NKダイナー193」。

こちらのお店はインテリアや飾ってある小物がとっても素敵なカフェで、全体的にソファー席が中心となっているため赤ちゃん連れの方にはゆっくりできると評判のお店です。

店内の壁に大型テレビが設置されているのですが、ランチタイムは子供向けにテレビアニメを流してくれていることが多いです。

サラダがお代わり自由のサラダバーなので、野菜をたっぷりと食べられるところがポイントです。

プレートメニューは「えっ!?」って思わず声が出てしまうくらい大きなお皿で出てきます。ハンバーグはふっくらとしていて大きいので、とても食べ応えがあります。

キッズメニューが特に用意されていないところは残念なのですが、未就学児くらいのお子様と一緒の場合はプレートメニューをママとシェアするくらいが丁度良いかも知れません。

店内は、そこまで広くないので確実に入店したい場合は予約することをお勧めします。

テラス席もあるのですが、結構交通量の多い葛西橋通りが目の前にあるので、交通量の多い日は排気ガスのニオイが気になるかも知れません。

みんな de イタリアン Cuore
(クォーレ)

〒134-0088
住所:東京都江戸川区西葛西1丁目14−8
電話:03-3877-2634

行船公園の遊具広場前の出入口からほど近い、こじんまりとしたイタリアンレストラン「みんな de イタリアン Cuore」。

こちらのお店も、イタリアンには不釣り合いな大型テレビ(しかも普通のテレビ番組が流れている)が店内の壁に掛けてあるため家庭的な雰囲気のあるお店ですが、ピッツァは小麦粉にこだわり石窯で焼いてくれる本格的なものが食べられます!

テーブルが7卓と座席数が大変少ないので、いつも満席で入れないことが多いため、事前に予約することをお勧めします。

じゃぶじゃぶ池で水遊びする際の持ち物リスト

以下のページに、子供と水遊びスポットへお出かけの際に必要な【持ち物リスト】を詳しくまとめてありますので、参考にして頂けると嬉しいです♪



まとめ

江戸川区西葛西駅にある、じゃぶじゃぶ池がある公園を2つピックアップしてご紹介してきました。

虹の広場(総合レクリエーション公園)と行船公園、どちらもすごく楽しく子供が大喜びするスポットなので、甲乙つけがたいですね~(*´▽`*)

公園のウリが一つじゃないところが凄いですよね。しかもどちらもほとんど無料で遊ぶことができます!東京メトロ東西線の西葛西駅からほど近いので、アクセスも良く何度でも遊びに行けるところが気に入っています。

私は東西線沿線で下車して食べ歩くことが好きなのですが、西葛西駅の周辺には、美味しいレストランやカフェ、そして美味しいスイーツとケーキで評判のお店「フォーシーズンズカフェ」や「ルーチェ ダイニング+」もあります。

飲食店と子供が遊べる公園が沢山ある西葛西駅周辺は親子におすすめのスポットです♪

さて!

次回は、東京メトロ東西線沿線にある【水遊びができる公園】第二弾!!と題しまして、千葉県市川市の行徳地区にある、じゃぶじゃぶ池がある超おすすめの公園を2点ご紹介したいと思います。

第二弾の記事はコチラ↓